安さの裏側に努力

格安航空券が登場したことで、航空会社自体のあり方も大きく変わりつつあると言えます。
今までのように高い金額で航空券を売り、その利益から過剰なサービスを提供するというスタイルはもはや通用しないと言っても過言ではありません。
そのため各航空会社は独自のスタイルで、低コストでありながらハイパフォーマンスサービスを提供するスタイルに大きく舵取りをしています。

安さに負けないサービス

格安航空券が登場した当初は、サービスの質が落ちたと非難する利用者も多く、各航空会社は頭を悩ましていました。
本来サービスを機内で受けるためには、前もってそのサービス料を支払っていることで無料で受けられるものでした。
このことからも解るように、今までの航空券の販売価格の中にサービス料も含まれていると言えます。

しかしここ数年でLCCの加入が始まり、航空券のあり方自体が大きく変わったと言えます。
あくまでも航空券は飛行機に乗るためのチケットであり、機内サービスは別のものとして確立されつつあります。
今の時代、毛布を一枚借りるだけでも有料になっているのが当たり前の時代と言えます。

用途によって使いわけよう

大手航空会社は今まで通りサービス料込みでの価格設定になっているので、機内サービスのほとんどが無料で受けられます。
飛行機を利用するとき、利用者は本来の目的にあった航空会社を選ぶ必要があります。
ただ移動だけの利用なら航空券の価格が安いLCC、快適なサービスを受けたいなら大手航空会社というように使い分けるようにする必要があります。

また体の大きい人はLCCなどが採用している飛行機の座席が狭く、長時間のフライトには向いていないと言えます。
このように自分にあった航空会社を選び、用途に合わせて使い分ける心構えが利用者には必要だと言っても過言ではありません。
日々進化していく安さへの価値観をしっかりと理解し、その上で後悔しないような決断や洗濯をするようにする必要性が高くなっていることを忘れてはいけません。

まとめ

格安な航空券は利用者にとっては大きな魅力があり、企業側の努力なしでは実現できないサービスだと言えます。
金額の安さだけをいるのか、それともサービスの内容で見るのかで大きく選ぶ航空会社が変わります。
自分の用途にあった航空会社を選び、無駄のないようにすることが大切です。

また格安な航空券の裏側には、利用者が知り得ない企業の努力があります。
そのことも忘れずに飛行機を利用するようにすることで、飛行機本来の素晴らしさや、その企業の特色などを見て取れるようになります。
これから飛行機を利用する人は、格安航空券の裏側にある、ドラマに目を向けることも大切です。

  « 前の記事: を読む